自分の言葉が、結局一番おもしろい

編集者に手あたりしだい、アドバイスを求めてはいけません

本を出そうと思った時に、手あたりしだい、編集者に声をかけちゃいけません。

誰かの出版パーティに行って、
そこで知り合った編集者に声をかける。
その編集者に企画書を見せて、
一生懸命アドバイスを請う。
それが出版への近道と思っている方が多いです。
でも、それは大きな誤解なんですよね。
すごく意外に思われるかもしれませんが、
編集者だからといって、アドバイスを求めてはいけないんです。
編集者がみんな適切なアドバイスを
してくれるわけではないからです。
これはその編集者の能力の問題ではなく、
興味分野の問題です。
一口に編集者といっても、
興味を持っている分野は様々です。
そして、自分の興味範囲外のことを聞かれても
あまり正確に答えられません。
これはスポーツ選手と同じです。
サッカー選手に野球がうまくなる方法を聞いても、
正確にはわかりませんよね。
大まかな方向性は答えてもらえると思いますが、
細かいテクニックは難しいですよね。
それと一緒なんです。
編集者であれば、書籍に関してすべて知っているわけではありません。
アドバイスを求めるのであれば、
自分が出したい本のテーマを「専門」としている編集者に聞かなきゃいけない。
マーケティングの本を出したいのであれば、
マーケティングの本に詳しい編集者、
最低でもビジネス書に詳しい編集者に聞かないといけない。
これは鉄則です。ぜひ、覚えておきましょう^^
出版を目指すなら、まずはこのセミナーにいらしてください。
2時間半であなたの知りたいことがわかります。

関連記事一覧

PAGE TOP