自分の言葉が、結局一番おもしろい

働き方改革は、「働かせ改革」になってはいけない。「働き方選択」にならないといけない。

今日は働き方についての講演でした。
日々「働き方改革」が叫ばれている気がしますが、ぼくはこの働き方改革について思うことが2つあります。

まずひとつめ。それは「働き方改革」が「働かせ方改革」になってはいけないということ。

業務を効率化させ、残業を減らすことを主眼に置いている企業も多いという印象を受けます。もちろんそれは大事なことですが、それは「働き方改革」ではなく、「経営の合理化」ですよね。

そもそも政府や世間から言われなくても企業が取り組むべき内容のはずです。

従業員のことを想っている体裁で、企業の経営合理化を進めているのだとしたら、それは違うと思うんです。「企業の経営合理化をしたいから、業務効率化に力を入れています」というべきです。となれば、業務効率化の責任を経営陣・マネージャー陣が負うのが筋だと思うわけです。

働き方改革の一環で、あたかも従業員のためだから、社員のためだから、というのは、ちょっと虫が良すぎるかなってかんじてます。

「働き方改革」の一環で、残業時間が減ります。そうすれば、残業代が減ります。残業代をもらえていた人は、手取りが減ります。業務量は変わらず、手取りが減ります。これって「働き方改革」じゃなくて「働かせ方改革」が進んでいるだけですよね。

残業代が出ていただけありがたく思え! というツッコミもありそうですが、まずは「そもそも従業員のためになっているか」を考えることが大事だと思います。

これが1つ目。
ぼくが働き方がふたつめが、従業員側のマインドです。「働き方改革」というと、すべてが良くなる、どの指標、どの項目についても改善すると思っていると、うまくいかないと思います。

残業が減れば、残業代が出なくなり手取りが減るように、どこかを改善すれば、どこかが「改悪」する可能性はあります。人によっては「改善」でも、別の人にとっては「改悪」と感じることもあります。「すべて改善」は、ほぼあり得ないんじゃないかとも思います。

なので、見方を変える必要があるかと。従業員側から見た場合、「働き方改革」は、「働き方選択」として捉えるべきなんじゃないかと思います。

「働き方」にいくつか選択肢があり、激務だけど高収入のAプラン、時短だけど収入も少ないBプラン、その中間のCプランの中から、自分が望む働き方を選べるようになるのが、最終形態だと思うんですよね。
これから、正社員制度が崩れるとともに、副業・複業の時代になっていきます。そうなったときに2つ目、3つ目の仕事をどんなものにするか自分で選ばなきゃいけない。そういう時代になってきていると思います。

働き方改革は、「働かせ改革」になってはいけない。「働き方選択」にならないといけない。

そう強く思います。

関連記事一覧

PAGE TOP