自分の言葉が、結局一番おもしろい

出版についての誤解ベスト3は、これです

出版に興味をお持ちの方と立ち話で会話をすると、いくつかの「あるある質問」をされます。ただ、多くのケースで、認識が間違っています。今日はそんな誤解について解説しますね。

【あるある質問、ベスト3】

「まずはAmazon1位を取るのがいいでしょうか?」

 

この質問については、かなり多くの方が誤解していると思います。
どう考えても、Amazon1位を狙ってはいけないのですが、というか、Amazonで売ろうとしてはいけないのですが、多くの著者が「とにかくAmazon1位」を狙っていますね。

そして、Amazonで売れるように仕掛けた途端、売れなくなって大変なことになるのです。

この話をすると2時間くらいかかるので、今はとにかく「アマゾンで売ろうとしてはいけない」と覚えておいてください。

 

【あるある質問、ベスト2】
「本のタイトルは、インパクト重視ですよね?」

 

これもありがちな誤解だと思います。
実際、編集者でもそう思っている人はいます。でも、本当はタイトルは「インパクト」よりも、「見てすぐ意味が分かること」の方が大事です。

ありふれた言い回しを避けようとして、こねくり回したタイトルにしてしまうケースが多いのですが、その結果「意味が分からないタイトル」になってしまい、売れなくなってしまうんです。

タイトルは、インパクトよりも「意味が分かること」。それを忘れずに☆

 

【あるある質問、ベスト1】
「大手の書店で売れると、全国に波及するんですよね?」

 

本のプロモーションを考える時に、大手の書店で売れれば、全体に波及するから、各チェーン店の本店クラスの書店で買い取りをして売上データをかさ上げしようと考えられることがあります。

たとえば、
紀伊國屋書店 新宿本店
丸善 オアゾ
八重洲ブックセンター
三省堂 神保町本店
など。

とくに、紀伊國屋書店さんの売上データは、パブラインというPOSデータで見ることができ、多くの出版人が見ています。なので、そのパブラインでの成績が良くなるように、紀伊國屋書店の新宿本店で20冊、30冊のまとめ買いをしている著者さんもいます。

・・・・ただ、これが通用したのって、もう15年くらい前の話なんですよね。

もちろん、紀伊國屋も重要な書店チェーンなので、紀伊國屋で良い成績が出せることに越したことはないのですが、
紀伊國屋で成績がいいからといって、それが全国に広まるというのは、もうありません。

いま大事なのは、どちらかというと中規模の書店さんです。

もちろん、出す本のテーマによります。でも、大手の書店で売れている本を地方の書店が「マネ」して仕入れるという動きはもはやなくなりました。重要店舗を単発で攻めても意味がない、ということだけぜひ知っておいてください。

自分のコンテンツを本にまとめるには、どうすればいい? がわかる診断システムを作りました。1分で終わりますので、ぜひお試しを☆ 【出版診断システムはこちら

先日発売された『カイジ』シリーズが再び増刷されました。空前絶後のシリーズ40万部突破です。文庫サイズは小さいけど、圧倒的にざわざわしています。

関連記事一覧

PAGE TOP