自分の言葉が、結局一番おもしろい

会話の終わらせ方がわかれば、英語は話せる

2015-02-01-12-37-54

 

英語の先生はみんな、「英語で話す方法(会話を続ける方法)」ばかり教えているけど、それでは不十分だと思う。
 
街中で外国人に話しかけられないのは、「一度英語で話しかけたら、そのあと怒涛の英語攻撃を仕掛けられる」と思っているからです。つまり、会話の幕引きを知らないから、話しかけられないわけですよ。
 
自分が話せる単語しか出てこなくて、自分が知っているテーマだけを会話するんだったら、多くの人ができるはず。でも街中で困っている外国人に話しかけたら、「お困りごと」が解決した後に、ジャンジャン話しかけられそうで怖い。話がどこまで続くかわからないし、どこに飛び火するかわからない。
バーで近くで飲んでいる外国人とちょっとした会話をしたくても、一度話しかけたらずっと会話していなきゃいけない気がする。
だから、話しかけたいけど不安で話しかけられない。
必要なのは、「会話を続ける方法」ではなく、「会話を終わらせる方法」なんですよ。どうやって会話を終わらせればいいかが分かれば、自分が知っている英語だけで、自分が知っている内容を話してバイバイできる。
スラムダンクで言うと、ミッチーが3ポイントシュートをためらいなく打てるのは、花道がオフェンスリバウンドを取るから。「後工程」に自信があれば、積極的になれるわけです。
「英語で始めた会話を、どう終わらせるか?」 それを知れば、みんな街中で外国人を助けられるようになると思うよ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP