自分の言葉が、結局一番おもしろい

見かけが55%、話し方が38%、言葉は7%

4272372

こんにちは、木暮太一です。

ぼくらは日々コミュニケーションをしています。コミュニケーションは、言葉だけで行うものではなく、言葉以外(非言語)でも、ぼくらは多くのメッセージを発信しています。

口では「ごめんなさい」と言っていても、顔が全然謝っていない人いますよね。プレゼントをもらって「うれし~」と言いつつも、「あ、この人、全然喜んでいないな」とわかることがありますよね。ぼくらは言葉だけで会話をしているのではなく、顔の表情や動作、口調からも相手にメッセージを発信しているんです。

 

●「コミュニケーションにおいて、言語(言葉)で伝わるのは7%」?

アルバート・メラビアンというアメリカの心理学者が、「人間の行動が他人にどのように影響を及ぼすか」を調べたところ

● 7% が 言語情報(言葉そのものの意味・話の内容など)
● 38% が 聴覚情報(声のトーン・スピード・言い方など)
● 55% が 視覚情報(見た目・表情・しぐさなど)

だったそうです。

メッセージの55%が見た目から受け取る、38%を話し方から受け取る、そして、実際の言葉(文字列)から受け取るメッセージは7%しかない、ということです。これをメラビアンの法則といいます。

コミュニケーションには「言語(言葉)」と「非言語(表情、声のトーン、スピードなど)」の両方があります。言語で伝える部分と非言語で伝える部分があるということです。そして、このメラビアンの法則を根拠として、

「言語で伝わるのは、全体の7%しかない。重要なのは、非言語の部分。だから、非言語を磨きましょう」
「スピーチの内容は、7%しか伝わっていない。残り93%は見た目や話し方で決まっている」

と教えられている場面があります。企業研修をしている会社でも、そう伝えているところがあります。ただ、これ間違いなんですよね。

たしかにメラビアンの法則では、55%、38%、7%と語られています。しかし、この結果は一つの条件があります。それは、「言語」「視覚」「聴覚」についてそれぞれ矛盾した情報が与えられた場合に限る、という条件です。

つまり、

・笑いながら怒る(笑っている顔と、怒っている言語が矛盾している)
・ムスッとした顔で「スイマセン」という
・自信なさげな声で、「だ、だいじょうぶ……です」と答える

など、
発信しているメッセージに一貫性がない場合に、言語・視覚・聴覚のどれから影響を受けるかを考えます。

その時、
・顔の表情などから受ける影響が55%

・言い方などから受ける影響が38%

・言葉自体から受ける影響が、たったの7%ということ。

でも反対に「一貫性がある場合」はこの法則は当てはまりません。それを誤解してはいけません。言葉を使わないで声のトーンと顔の表情だけで、93%分のコミュニケーションができるかというと、そんなわけがないんですよ。

言葉を使わずに会議はできないし、
言葉を使わずに相談はできない、
言葉を使わずにスピーチはできません。

もし見た目と話し方で93%だとしたら、ぼくらはメールをどのように読んでいるのでしょうか?

「非言語(見かけや声のトーン)が大事です」ということは、「私が言いたいことを、表情や声のトーンから察してくださいね」ということと一緒です。それはつまり「私は表情でアピールしてますから、それをしっかり読み取ってくださいね」ということです。

プライベートならまだしも、ビジネスでそんなクイズみたいなやり取りがされたら、かなりびっくりします。

 

表情や口調は、たしかにメッセージを発しています。しかしそれは「そう受け取られることがある」ということであって、表情でメッセージを発信しているから、相手は確実に理解してくれる」ということではないんですよね。伝えたいことはしっかりと言葉にする。やっぱりその前提は変わらないですね。

 
キャプチャ

3キャプチャ

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP