自分の言葉が、結局一番おもしろい

運(Luck)とは何か?

18627161

 

以前、『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者ロバート・キヨサキさんから

「運とは何か?」という話を聞きました。

 

運は英語で、LUCK(ラック) といいます。「ラッキー」のラックですね。

 

運がいいとは、LUCK であることですね。

そして、そしてそのLUCKとは

 

Leaning (習得する、身につける)

Under (~に従って)

Correct (正しい)

Knowledge (知識)

 

だというのです。

 

つまり、正しい知識に従って、習得した人にだけ、LUCKがやってくるということです。

 

これは彼のオリジナル解釈で、本当の語源ではありません。

でも、その通りだと思いませんか?

 

何かを達成するために、努力は必要です。

しかしその努力の方向性が間違っていたら、何にもならないのと思うのです。

 

また、目指す方向が間違っていたら、大変です。

一生懸命がんばっても、「間違った場所に早く着く」だけです。

 

スポーツを練習するとき、最初に「正しい知識」を教えてもらうはずです。

「我流でホームランを打てるようになれ」というコーチはいないですし、

「なんとか我流で練習法を編み出してやる!」と意気込む野球少年もいません。

 

正しい知識・正しい方向づけ・正しい目標設定こそが大事なんだなと思いました。

 

先日、本を出版したくて「必死に頑張っている」という人に会いました。

 

彼女は、本当にまじめに頑張っている様子でしたが、

出版業界人から見ると、「なんでそんな無意味なことしているの……?」と

思わず言いたくなってしまうようなことばかりしていました。

 

・企画も通っていないのに、原稿を全部書き切ってしまう

・仮タイトルのキャッチコピーを数カ月も悩んでいる

・プロのデザイナーに、書籍デザイン見本を作ってもらっている(自腹で!)

・ひたすら編集者と名刺交換をしている

 

たしかに一生懸命なのはわかりますが、これでは一生本は出せません。

「編集者との出会い」も、ただ出会えばいいというわけではありません。

当たり前のことですが、相手の編集者が「いい!」と感じるコンテンツを持っていなければ、

単なる名刺交換で終わってしまうわけです。

 

本を出したいと思っている人が、まずしなければいけないのは、

「企画書」をつくることです。

正確に言うと 「おもしろい企画」を作り、それを企画書にまとめることです。

 

まずは、おもしろい企画が作れなければいけません。

その作り方、セミナーで教えていますので、興味がある方はぜひ来てください。

詳細は 【こちら】  です。

 

キャプチャ

3キャプチャ

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP