自分の言葉が、結局一番おもしろい

あなたの商品の魅力を、わかりやすく説明するノウハウ

13319355

 

「自分の商品を魅力的に表現したい!」と思っている人は大勢いますし、

で来ているかどうかは別にして、魅力的に表現しようとしています。

でも、世の中を見渡すと、「自分論理」でアピールされている商品が山ほどあります。

 

「ウチのは他社のとここが違う!」

「業界初! ○×製法を取り入れました」

「がんばって作ったんです」

 

このような営業トーク、告知文では商品に興味を持ってもらえません。

 

世間的に認知されている商品は別ですが、多くの「無名な商品」は、

顧客に興味を持ってもらうところから始めなければいけません。

特徴や差別化を伝えるのは、興味を持ってもらった後です。

 

これは頭では誰もが理解していることでしょう。

しかし、実際に営業トーク・訴求文を考えようとすると「自分論理」にハマってしまいます。

 

その自分論理から抜け出し、相手の興味ポイントに沿って提案するためには

どうすればいいのか?

 

ぼくは、本の企画を考えるプロセスを通じて、

見ず知らずの人に興味を持ってもらう方法を見つけ、それを体系化させました。

 

ぼくがベストセラーを生み出すために常に活用している方法です。

自分で活用して、効果を確認しています。

 

このノウハウ、とても強力なんですが、そのポイントは難しくありません。

そのポイントとは、常に「どうだった人が、どうなるか」です。

 

そして同時に、「自分だったら、この商品を買うか?」を常に考えることです。

 

これらを常に自問することで、提供者の論理に陥らずお客様目線になれます。

 

振り返って考えてみたら、「こんな商品、自分は買わない」と思いながら

営業している企業がほんとに多いと感じます。

自分では買わないのに、他人に「買いませんか?」と薦めるのは、ちょっとおかしい話です。

 

もちろん、ターゲットが違うということもあるでしょう。

女性用の下着を男性は買いません(一般的には)。

ですが、だとしても、「この商品は絶対いい!」と思っていなければ、

本来、ひとに薦めてはいけないと思うんですよね。

 

そして、「絶対いい!」と思っている商品だったら、自然と売れていくと思うのです。

 

「この商品・サービスを使ったら、どうだった人が、どうなるのか?」

「自分だったら、この内容&この価格で買うか?」

 

当たり前ですが、この視点を忘れてはいけませんね。

 

キャプチャ

3キャプチャ

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP