自分の言葉が、結局一番おもしろい

時間軸の捉え方

14370011

 

「成功するためには、成功するまで続けることだ」

 

多くの成功者たちが語っている真実です。

たしかに、成功するまで続ければ、確実に成功するわけですが、

成功するまで続けられないのが、圧倒的大多数でもあるわけです。

 

それは、ゴールが遠すぎて、リアリティを持てないことが理由だと思うんだけど、

同時に、そこまで遠いゴールしか設定していないのもの原因だと思う。

 

数年後の目標・計画を立てなさいと言われるけど、

数年後の自分を明確にイメージできる人は本当に少ないのでは? と感じています。

2カ月先の自分の体型にすら真剣になれないのが大多数でしょう?

だから、ダイエット産業はいつまでもなくならないんです。

 

ましてや「10年後の自分」「10年後の日本社会」に向けて行動するなんて、

とてもハードルが高いことだと思うのです。

 

今回の参議院選挙(2016年7月)の投票率は、54.7%だったそうです。

約半分の人が選挙に行かなかったということですね。

この数値を見て「選挙に行かない人はクズ」「責任感がない」という批判がされています。

 

ぼくも、みんなに選挙に行ってもらいたいと思う反面、

「日本の未来のために投票しましょう!」と声高く叫んでも、

それは響かないだろうなとも思うのです。

 

数年後の自分の姿ですらイメージが持てず、それに向けて行動することも難しいのに

未来の日本のために、子どもたちのために、といっても明確にイメージは持てないでしょう。

 

みんな、目先の自分のことにしか興味を持てずにいます。

だから「選挙に行っても何も変わらない」と感じてしまうし、興味も持たないんだと思います。

 

投票率を上げるためにすべきことは、

選挙の重要性を道徳的に説くことではないと思うんです。

 

そうではなく、世の中の人たちの時間軸を変えることだと思います。

 

目先が変わらなければ意味がない、と考える時間軸では大きなことは何もできません。

むしろ明日は何も変わらないけど、将来大きな果実が実り、

それを目指して行動するような 「時間軸」 を持たなければいけないと思うのです。

 

ビジネスや自己実現でも同じです。

「今すぐ簡単に○○したい」 と考える気持ちもすごくよくわかりますが、

それと同時に 「将来への種を植え、それを育てよう」というマインドが必要です。

 

より長期的な時間軸こそが、これからのぼくらに必要なんだと思います。

 

キャプチャ

3キャプチャ

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP